中野区 税理士 おおしま会計事務所

税務・相続に関する用語集

遺言とは

遺言(ゆいごん、いごん、いげん)とは、日常用語としては形式や内容にかかわらず広く故人が自らの死後のために遺した言葉や文章をいう。日常用語としてはゆいごんと読まれることが多い。このうち民法上の法制度における遺言は、死後の法律関係を定めるための最終意思の表示をいい、法律上の効力を生じせしめるためには、民法に定める方式に従わなければならないとされている(民法960条)。法律用語としてはいごんと読まれることが多い。 この記事では、日本の現行民法における遺言の制度を解説する。条名は、特に断りない限り民法のものである。 総説 遺言制度の趣旨 法的性質 要式行為遺言は民法に定める方式に従わなければすることができない要式行為(一定の方式によることを必要とする行為)であり、方式に違反する遺言は無効となる(960条)。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』:遺言 別ウィンドウをたちあげる