中野区 税理士 おおしま会計事務所

税務・相続に関する用語集

相続放棄とは

相続放棄(そうぞくほうき)とは、民法上の概念、用語の一つであり、相続人が遺産の相続を放棄すること。被相続人の負債が多いなど相続に魅力が感じられないケースや、家業の経営を安定させるために後継者以外の兄弟姉妹が相続を辞退するときなどに使われる。なお、3か月以内に限定承認又は相続放棄のどちらかを選択しなかった相続人は(家庭裁判所に期間の伸長を申し出なければ)単純承認とみなされる(民法915条1項、921条2号)。 民法について以下では、条数のみ記載する。 相続放棄の方法 相続の放棄をしようとする者は、その旨を被相続人の最後の住所を受け持つ家庭裁判所に申述しなければならない(938条、家事審判法、非訟事件手続法)。限定承認と違い、それ以上の手続は必要ない。 相続の開始前には、強要のおそれがあるので放棄はできない。 相続放棄の効果 民法 相続放棄をした者は、初めから相続人とならなかったものとみなされ、遺産分割と異なり、第三者の権利を害することはできないという制限はない(939条)。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』:相続放棄 別ウィンドウをたちあげる