中野区 税理士 おおしま会計事務所

税務・相続に関する用語集

保証債務とは

『保証』より : 保証(ほしょう)とは、民法上に規定された契約としての保証(保証契約)のことである。 民法について、以下では条数のみ記載する。 総説 保証とは、主たる債務者が債務を履行しない場合に、その債務を主たる債務者に代わって履行する義務を負うことをいう(446条)。 この義務を保証債務(ほしょうさいむ)とよび、義務を負う者を保証人(ほしょうにん)と呼ぶ。保証債務は、保証人と債権者との間で締結される契約(保証契約)によって生じる。 抵当権のように物の交換価値によって債務の弁済を担保する物的担保に対し、保証は、保証人の資力(財力)を弁済の担保とするため、連帯債務などとともに人的担保といわれる。保証人が自然人である場合は個人保証、法人である場合は法人保証という。特に、信用保証協会のように保証を業務とする法人によってなされる保証は機関保証という。 保証債務の性質 保証債務は、主たる債務との関係で以下のような性質を有する。 独立性 保証債務は、それによって担保されている主たる債務とは別個独立の債務である。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』:保証債務 別ウィンドウをたちあげる